MENU

    DMM FXはスピャルキング禁止?ある条件次第で口座凍結になることも

    DMM FX

    FX投資で使える手法の一つである「スピャルキング」。数秒から数分で売買を完結させる取引を1日の間に何度も行う手法の事です。実はこのスピャルキングはFX企業によっては禁止されている場合があります。

    これは、FXの損を防ぐためだったり、サーバーへの負荷を軽減するためだったり理由は様々ですが、企業によってはスピャルキングを禁止しているケースは多々あります。このルールを破ると場合によっては口座凍結の措置をとることもあるので注意が必要です。

    そこでこの記事では、有名なFX企業である「DMM FX」でスピャルキングは規約違反とされるのかどうかを紹介していきます。

    目次

    DMM FXはスピャルキング禁止?

    DMM FXのスピャルキングの定義

    一般的な「スピャルキング」の定義は、1日の中で数秒から数分という短期間で完結させる売買を複数回行う手法のことをいいます。これは、「DMM FX」でも同様の定義で扱われています。

    短時間の注文を繰り返し行うのは禁止

    「DMM FX」ではスピャルキングは禁止されていません。これについては、問い合わせがあった際に「DMM FX」が正式にスピャルキングの手法を禁止していないとする回答があります。問い合わせした方にこのような回答をしていることから、禁止されていないと考えて良いです。

    ただ、スピャルキングの手法自体を禁止しているわけではありませんが、約款第7条1項9号の「短時間での注文を繰り返し行う行為」に該当する可能性があるとも答えています。また、禁止行為に該当した行為を発見した場合、取引口座を凍結する可能性があるとしています。取引口座が凍結されてしまうと取引を続けることができない状態になるため、度を超えた短時間の注文は控えた方がよさそうです。

    DMM FXはスピャルキングを禁止していない

    DMM FXはスピャルキングを禁止していません。

    ただ、短時間での注文を繰り返す行為は問題としており、場合によっては口座凍結の措置を取るとしています。この短期間での注文は具体的にどのくらいの期間か、どのくらいの頻度の取引を禁止しているのか等は明確にされていません。

    そのため、スピャルキングは問題ないが度を超えた頻度、回数の取引は問題としていると思われます。

    DMM FXでスキャルピングをするメリット

    最大20万円のキャッシュバックをもらえる

    DMM FXでは特定の条件をクリアすることで最大20万円のキャッシュバックをもらえるキャンペーンを開催しています。

    その条件は、「口座の開設」と「3か月位以内に最低1000ロットの新規取引」を行う事です。口座を開設するだけなら、簡単ですが問題は新規取引の方です。最低ロットの1000ロットを使用した新規取引でキャッシュバックされる金額は10000円です。そのため、最低の1000ロットでは20万円になりません。最大の20万円を得るためには最低40000ロットの新規取引をしないといけないのです。

    この条件をクリアするにはロット数にもよりますが、スキャルピングをしないと最大値である20万円のキャッシュバックを得るのは難しい数値です。スピャルキング自体は禁止されていないため、最大の20万円のキャッシュバックを狙うなら、スキャルピングをやらない理由はないのではないでしょうか。

    また、1日10回程度の取引であれば短期間の繰り返しの取引に該当しないと考えられます。そのため、口座凍結措置を取られることなく最大の20万円キャッシュバックの条件をクリアできます。

    FXトレードに慣れる

    FXで安定して利益を出すにはFXに慣れる必要があります。慣れるのにおすすめなのがスキャルピングです。スピャルキングは短期間で複数回の取引を行うため、FXに慣れるのに向いています。

    スキャルピングを行うことで取引を重ねながら、知識を得て、技術を習得し、経験を積むことで、利益を得るために必要なスキルを手に入れられます。

    DMM FXでスキャルピングを短時間に何回も繰り返すとどうなる?

    口座凍結される

    DMM FXではスキャルピングをすること自体は問題ではないので何かしらの措置を取られることはありません。ただ、一定のラインを越えた短期間で複数回の取引を行うと口座凍結の措置を取られる可能性があります

    DMM FXで取引をするには絶対に口座開設をしないといけません。それが凍結されるという事はDMM FXで取引を行えなくなるという事を意味します。

    口座凍結を避けるためには度を超えた短期間での複数回の取引をしないようにするしかありません。具体的にこの頻度という指標があるのなら気を付けることは簡単ですが、明確に指標が公表されているわけではないため、対策方法は一定期間に、一定以上の取引はしないようにするしかありません。

    口座を凍結する際は予告なしの場合と警告文が送られてくる場合があります。後者の場合はすぐに止めることで凍結を回避できます。

    万が一、口座凍結されてしまった場合には運営に問い合わせるしかありません。そこで口座凍結を解除してくれる可能性は低いですが、放置するよりは問い合わせた方が良いでしょう。

    DMM FXのスキャルピング回数を検証~キャッシュバック獲得までの流れ~

    口座開設

    まずは口座を開設します。「DMM FX」のサイトから口座開設をクリックし、必要な情報を入力していきます。必要な情報は名前や生年月日、住所や職業、取引目的などです。絶対に必要な情報については必須と書かれています。この必須事項を中心に嘘偽りなく情報を提供する必要があります。本人確認書類の提供も必要なので準備しておきましょう。

    その後、本人確認等を終えると口座が開設されます。

    キャッシュバック条件確定

    キャッシュバック条件はその都度変わるためよく確認して条件を達成しましょう。殆どの場合、口座開設と一定期間の間に新規取引をすることでクリアできます。

    2022年時点では「口座開設」と「3か月以内に最低1000ロットの新規取引」この2つです。条件をクリアすると最大20万円がキャッシュバックされます。注意点として最大の20万円のキャッシュバックを得るには、40000ロットの新規取引を3か月以内にしないといけません。

    20万円のキャッシュバックを狙う場合は、自分の資金などと相談して1回の取引の資金や取引回数を考え、条件の達成を目指しましょう。

    キャッシュバックをもらえた

    条件をすべてクリアするとキャッシュバックをもらえます。これは口座開設から3か月が経ってから取引を集計します。この際の新規取引のロット数に応じてキャッシュバックの金額が変わります。

    短時間の注文を繰り返し行う取引をしたいなら「GMOクリック証券」がおすすめ!

    GMOクリック証券

    「GMOクリック証券」は2005年に設立された企業で業界からは高い支持を得ている企業です。2020年度の取引高は世界1位を誇っており、熟練者から初心者まで幅広い方々が利用しています。

    このGMOクリック証券ではスキャルピングを禁止していません。ただ、注意点として手動であるという事が条件になっています。つまり、自動売買ツールを利用したスキャルピングは禁止されているという事です。

    そもそもスキャルピングが多くの企業で禁止されている理由の多くは、企業にデメリットの方が大きいこと、短期間に複数回の取引を行うため、サーバーが耐えられない程の負荷がかかるということが挙げられます。そのため、GMOクリックでは手動で行うスキャルピングは禁止されていないが、負荷のかかりやすい自動売買ツールを利用したスキャルピングは禁止されています。

    DMM FXのスキャルピングに関するQ&A

    そもそもスキャルピングとは何ですか?

    「スキャルピング」の定義は数秒から数分で完結する売買を短期間で複数回行う手法の事を言います。その性質上、企業に対して負担が大きく、利益の面やサーバーへの負荷が大きいことからスキャルピングを禁止している。もしくは、制限を設けているというケースが多いという特徴があります。

    DMM FXではスピャルキング可能ですか?

    DMM FXではスピャルキングをすることは禁止されていないため、問題ありません。ただ、DMM FXは約款第7条1項9号の「短時間での注文を繰り返し行う行為」に該当する場合は問題としています。

    DMM FXで短時間に何回も取引をしてしまうとどうなりますか?

    この禁止事項に該当した場合は口座凍結の措置をとる可能性があるとしているため、注意が必要です。スキャルピング自体は問題ではないが、限度を超えたスピャルキングは問題になると考えられます。

    どのくらいの頻度で取引を行うと禁止事項に該当するか公言されていないため、具体的な取引回数はわかりません。ただ、1日の間に十数回スピャルキングを行ったという利用者は何の問題もなかったとしているので、このくらいの回数までなら禁止事項に該当しないと思われます。

    ただ、自動売買ツールのように昼夜を問わず取引を行えるツールを利用したスピャルキングは止めておいた方がいいでしょう。禁止事項に該当する可能性があるからです。

    DMM FXはスピャルキング禁止?まとめ

    ここではFX投資の手法の一つ「スピャルキング」に関して紹介しました。スピャルキングはメリットの多い手法の一つですが、その性質上企業側が禁止、もしくは制限を設けているケースがあるためスピャルキングを行う場合は注意が必要です。

    そんなスピャルキングを一定の範囲内なら禁止していない企業の中でおすすめなのが、「DMM FX」と「GMOクリック証券」です。スピャルキングで利益を出したいと考えるならこれらの企業で行う、もしくはスピャルキングが禁止されていないかどうかよく確認してから禁止されていない企業で行うようにしましょう。

    目次
    閉じる