MENU

    FX自動売買は大損する危険があるって本当?落とし穴にハマる理由と対処法

    FX自動売買 大損

    FXは現在、一般的にも認知されるようになり、様々な方が始めています。ただ、自分でFXに関する知識を得たり、資金を用意したりする必要があり、さらには自分でトレードを行うタイミングを見極める必要があるなど、ある程度時間に余裕がないと満足に取引を行えない部分が存在します。

    そんな中、時間のない方やFXの知識に乏しい方でもFX投資を行えるように開発された「自動売買システム」が注目を集めています。このシステムは自分の裁量でトレードを行う「裁量取引」とは違い、最初にルールを設定する必要があるものの、設定後は自動でトレードを行ってくれるという物です。

    しかし、このシステムを利用した結果、FXを続けられないほどの大損をしてしまったというケースも珍しいことではありません。ここからは、FX投資の「自動売買」で大損する危険性や大損という落とし穴にハマる理由、対処法を紹介していきます。

    目次

    FX自動売買で大損する危険はある?

    FXの自動売買で大損する可能性はほとんどありません。ルール設定時に無謀なルールを設定したり、怪しげなプログラムを利用したりするのであれば話は別ですが、そういったことをしない限り大損する可能性はほとんどありません。

    ただ、自動売買を行った結果大損してしまう方は決して珍しいことではなく、一定数の方がこのような状況に陥っています。このように大損してしまう方にはある理由があります。

    FXの自動売買で大損する主な理由

    完全放置

    自動売買は一度設定してしまえば放置しても問題ありません。ただそれは少しの期間の話で、完全放置は大損する危険性を高めてしまう行為です。

    なぜなら、FX投資は相場などが常に変わり続けます。設定した際の状況が続けば問題なくトレードを行える反面、設定した状況とは別の状況に変わってしまった場合、自動売買のプログラムのみでは対応することができなくなってしまいます。その結果、大損につながるのです。

    これを防ぐためには、定期的に自動売買のプログラムを設定し直す必要があります。こうすることで常に状況にあったシステムを運用でき、万が一損失が出てしまっても大損する前に対応することができます。

    無理な取引をする

    自分の裁量で行う裁量トレードにも言える事ですが、無駄な取引をすべきではありません。FXはその性質上勝つときがあれば、負ける時があるものです。また、1個1個ではなく、トータルで見た時に勝っているかどうかが大事でもあります。

    しかし、中には少し負けてしまっただけでも、挽回しないといけないからと、資金を必要以上に増やしたり、レバレッジを高くしたりする方がいます。成功すれば、使った資金が大きい分リターンが大きくなりますが、その反面失敗した際はその損失も大きくなります。

    このような損失が出ることを避けるために、無理な取引をすべきではありません。大損する危険があります。

    裁量トレードを組み入れる

    自動売買の中に自分の裁量でトレードを行う「裁量トレード」を組み入れるのはやってはいけません。なぜなら、FXの自動売買のプログラムはその設定内で取引が完結するようにできているからです。人為的に手を加えるとあらかじめ設定したものが破綻してしまう危険性があります。

    結果として自動売買のプログラムのみで行っていれば利益を出せていたにもかかわらず、裁量トレードを行ったことが原因で大損につながってしまうこともあり得ます。

    完全に放置するのも問題ですが、必要以上に手を加えるのもまた問題です。

    FXの自動売買で大損しないための対処法

    相場状況・取引状況によって調整する

    自動売買で一番大事なことは自動売買のシステムをしっかりと理解することです。自動売買は何ができて何ができないのかを理解すると同時に自分はどのような自動売買のツールやシステムが合っているのか理解しましょう。

    自動売買で出来ること、出来ないことを知ることで相場状況や取引状況によっては再設定が必要だと分かるかと思います。一定の間隔で状況を確認し、適切なタイミングで調整を行うことで、大損となってしまうリスクを減らすことができます。

    証拠金維持率に余裕を持つ

    証拠金維持率は保有ポジションが全体の口座残高のうちどれくらいを占めているか表す数字のことをいいます。この証拠金維持率に余裕を持つことがFXで大損しないために必要な事の一つです。

    FXはその性質上、相場が上限を繰り返すようになっています。この時、証拠金維持率に余裕がほとんどない状態だと相場の増減に対応できず、最悪の場合ロスカットが行われてしまう危険性があります。

    ある程度証拠金維持率に余裕を持った状態でロスカットになってしまったのなら、仕方ない部分もあるかもしれません。しかし、証拠金維持率に余裕を持たせなかった結果、ロスカットとなったのなら、証拠金維持率に余裕を持たせることで対策できたはずです。

    大損してしまうリスクを減らすためにも証拠金維持率に余裕を持たせるようにしましょう。

    借金をしない

    ある程度FX投資を行っていくと、様々な理由から自分の資金以外でFXの資金にしようと考え、借金をしてしまう方がいます。これは大損してしまう危険性を高める行為なのでやるべきではありません。

    なぜ、借金をしてはいけないのかというと、借金はその名の通り借りたお金なのでいずれ返済する必要があります。自分のお金ならFXで失敗し一定の損失が出ても仕方ないと割り切ることができるかもしれません。

    しかし、借金で工面した資金を使っている場合は別です。借金を返済しないといけないという状況が精神的なプレッシャーとなり、絶対に失敗してはいけないという焦りにもつながります。

    このような状態では、冷静な判断を下すことは難しく、自動売買でトレードを行っているにもかかわらず、少し損失が出てしまっただけで裁量トレードを行ってしまうなど、必要以上に取引を行ってしまう危険性があります。

    また、FXで大損を出してしまった結果、日常生活に支障をきたすほどの損失を出してしまい借金せざるを得ないケースもあります。

    こういった状況に陥らないようにするためにもFXでは絶対に自分で工面した資金を利用し、自分の日常生活に影響が出ない金額に抑えるべきです。

    FX自動売買で大損しない!実績のある自動売買ツール3選

    外為オンライン

    外為オンライン【iサイクル2取引】

    外為オンラインの提供する自動売買ツールは「Iサイクル2取引」というものです。最初の設定さえしてしまえば、時間を問わす自動で設定どおりの取引をしてくれます。

    この「Iサイクル2取引」で2017年1月1日から2021年4月30日の間で利益比率「75.98%」を誇ります。

    トレンドを見極め自動で売買を判断するシステムの導入や連続注文が未経験の方でも簡単に取引を行えるようなシステムが導入されています。さらに、無料のFXデモ口座や様々な情報を得られるセミナーの開催など支援が充実しているのも魅力の所です。

    インヴァスト証券

    インヴァスト証券【トライオートFX】

    インヴァスト証券の提供する自動売買ツールは「トライオートFX」というものです。設定が簡単で、設定を終えればすぐ取引を行えます。さらにオリジナルのカスタマイズが可能で自由度が高い特徴があります。

    初心者の方でも取引を行いやすいようにサイト設計がされており、サイト利用者の60%がFX投資の初心者でもあります。

    一定の経験を積んだ方向けですが、既存のプログラムをアレンジし新しいプログラムを作成したり、複数のポートフォリオを組み合わせて構成したりする等、とにかく自由度が高いという魅力もあります。

    FXブロードネット

    トラッキングトレード

    FXブロードネットの提供する自動売買ツールは「トラッキングトレード」というものです。2014年10月15日から2021年10月31日までで利益実績「85.2%」を誇っています。

    この自動売買ツールは、相場の細かな動きにも24時間対応可能で、その設定も簡単に行うことが可能です。このように初心者や値動きに迅速な対応ができない方におすすめなツールになっています。

    また、「トラッキングトレード」を利用した取引の損益をランキングとして閲覧可能になっており、そのランキングを参考に自分の資金に合った設定が可能となっています。

    FXの自動売買に関するQ&A

    FXの自動売買は無料で使えますか?

    取引を無料で行えるものと有料でないと行えないものがあります。

    基本的には自動売買ツールの詳細が書かれている所に無料か有料か記載があるため、しっかりと目を通していれば、無料と有料を間違えることはないでしょう。

    ただ、売値と買値の差を表すスプレッドが広いと有料のツールで取引手数料が発生しているものと実質同じという事もあるので注意が必要です。

    自動売買ツールの中だと、無料でスプレッドの狭いツールがおすすめです。

    高額な自動売買ツールの利用は危険ですか?

    全てが危険という訳ではありませんが、危険な可能性が高いです。

    高額な料金を請求しておきながら、その料金に見合っていないレベルのツールを提供したり、そもそもツールすら用意していない詐欺だったりする危険性があります。

    危険かどうか見分けられないのであれば無料のツールを提供している企業の物を使用しましょう。

    FX自動売買はいくらからはじめられますか?

    ほとんどの場合、最低数千円から始めることができます。

    ただ、大損してしまうリスクと隣り合わせのFXにおいて数千円や数万円だと少し心もとない現実があります。そのため、証拠金維持率に余裕を持たせ、不測の事態にも対応できるようにするために最低でも10万円ほどは用意しておくといいでしょう。

    FX自動売買は大損の危険性がある?まとめ

    ここでは、FX投資で自動売買ツールを使用する際の、大損の危険性や大損してしまわない運用の仕方、おすすめの自動売買ツールを紹介しました。使い方を間違えると大損してしまう危険性がある反面、あまりFX投資に時間をかけられない方にとっては24時間昼夜を問わず取引を行ってくれるというメリットがあります。

    FXに多くの時間を割くことはできないが、FXを通して一定の利益を生みたいと考える方にとって自動売買ツールは非常にメリットの多いツールになります。特徴をよく理解し、必要に応じて取引の設定を修正できる時間があるのであれば、自動売買ツールの利用を検討すると良いでしょう。

    目次