MENU

    FX自動売買詐欺の姑息な手口&被害者の体験談!詐欺への対処法も解説

    FX自動売買詐欺

    FX自動売買は初心者でも効率的に利益を出すことができます。それは、一般的に世の中に出回っているFX自動売買を利用した場合です。

    しかし、個人でFX自動売買を販売している人も存在します。こういった人は「絶対に儲かる」といったような謳い文句で利用者を騙してくるのです。

    最近では、SNSも普及してきているため詐欺の数も増えてきています。詐欺にはいくつかのパターンがあるため、安全にFX自動売買を利用するためにはこれらの手法をしっかりと把握しておくことが大切です。

    そこでこの記事では、FX自動売買の詐欺の手口や対策方法、そして万が一詐欺に遭ってしまった時の対処法について詳しく解説していきます

    「FXの自動売買による詐欺の手口や対策が知りたい」「詐欺に遭ってしまったけど、どうすればいいのか分からない」「FX自動売買は全部詐欺なの?」といった疑問を抱えている方は、是非参考にしてみてくださいね。

    目次

    FX自動売買の詐欺の手口

    警察庁の調査結果によると、令和2年の特殊詐欺の被害額は277億円にものぼると言われています。特殊詐欺の中には、金融商品詐欺などの自動売買も含まれているのです。

    そのため、これから自動売買を始めようとしている人だけではなく、すでに自動売買で利益を出している人にも詐欺にある可能性があるのです。

    そこで、ここではFX自動売買の詐欺の手口を3つ紹介します。

    1. 巧みな誘い文句で口座開設を促す
    2. 内容の薄い商材を高額で売りつける
    3. 出金や返金を無視する

    それでは、詳しく見ていきましょう。

    巧みな誘いで口座開設させる

    1つ目の手法は、巧みな誘い文句から口座を開設させる手口です。

    「口座開設手数料はかからない」「維持手数料も一切無料」などの誘い文句を聞いたら、詐欺を疑った方が良いかもしれません。

    多くの信頼できるFX業者も手数料や維持手数料は無料となっています。しかし、無料だからといって詐欺ではないと考えるのは危険です。実際に、このような手口から現金約130万円を騙し取ったとして逮捕されたケースも存在しています。

    投資仲介業者を装った人物から「FXの自動売買システムのモニターに当選した。証拠金を預けてください。必ず儲かる。」という電話がかかってきて、これに騙された男性が現金130万円を振り込んでしまったのです。

    万が一このような電話やメールが届いても、簡単に信用せずに詐欺を疑うようにしましょう

    でたらめな自動売買ソフトを高額で売りつける

    2つ目の手法は、でたらめな自動売買ソフトを高額で購入させられるケースです。

    ネットサーフィン中にFX自動売買ソフトやノウハウの広告が表示されたという経験が、1度はあるのではないでしょうか?

    こういった広告を鵜呑みにして高額で商品を購入したのに、でたらめな商品が送り付けられてくる、といったケースがこの手法に含まれます。

    出金・返金に応じない

    3つ目の手法は、出金や返金に全く応じないケースです。利益が出たにもかかわらず出金申請を無視されたり、返金もさせてくれないという詐欺も存在します。

    それだけではなく、登録した住民票や戸籍などの個人情報を不正利用されたりするケースもあるのです。

    実際に、1000万円以上を騙し取られたケースも存在します。信頼度が低いFX業者の利用は、なるべく控えるようにしましょう

    FX自動売買の詐欺の被害に遭った人の体験談

    詐欺の手口が分かったところで、次は実際に詐欺にあった人の体験談を見ていきましょう。主な詐欺の手口は先ほど紹介した通りですが、実際はこれに派生した手口が無数に存在しています。

    詐欺の被害を防ぐためには、まず詐欺の手口をしっかりと把握することが大切です。詐欺の手口を知り、対策することができるようにしたいですね。

    FXの口座残高が突然なくなる

    最初のケースは、財産を得て増やした夫婦が、突然、通貨のアカウントを削除されてしまったというものです。

    夫婦で投資し、良い結果が出て満足していたところで、突然口座の残高が消えてしまいました。このように、特別な口座を開設させられて貯金を騙し取られたというケースは後をたちません。

    自動売買ソフトの代金が返金されない

    ここで紹介する事例は、バイナリーオプションの自動売買ツールでの詐欺についてですが、FXでも同じようなことが起こり得るので紹介したいと思います。

    この人は、大手SNSでバイナリーオプションの自動売買ツールを銀行振込で購入しました。しかし、言われたとおりの利益を受け取ることはできませんでした。

    そこで、2日後に「商品を返品してお金を返してほしい」と伝えたところ、「お金は返せない」との返事が返ってきたのです。

    自動売買詐欺の多くはTwitterをターゲットにしていますが、InstagramやLINEをターゲットにした詐欺もたくさんあるので、注意が必要です

    入金後に連絡がつかなくなる

    3つ目は、入金後に連絡が途絶えてしまったケースです。この人は、知人からFXの自動売買システムを100万円で購入しました。

    しかし、その後、知人やシステムの販売者と連絡が取れなくなり、お金を取り戻すことができませんでした。

    知人からの紹介であっても、海外の業者を含め、金融庁から正式に登録されていない業者は利用しないようにしましょう。

    そもそも、100万円もするFX自動売買ソフトはあまりにも高すぎますよね。基本的に、有料の自動売買ソフトは数千円から購入することができます。数万円するソフトの場合でも、安全なものなら金融庁からの登録を受けていますよ。

    FX自動売買の詐欺を回避する対策

    詐欺の手口や体験談を見てきましたが、実際にどのように対策すればよいのでしょうか?

    SNSなど、いたるところに詐欺の危険が潜んでいます。そのため、どのように対策するべきかがわからないという方も多いのではないでしょうか?

    ここでは、FX自動売買の詐欺から自分の資産を守るための対策方法を4つ紹介します。

    1. 怪しいSNSアカウントからのDMは無視する
    2. 高額な自動売買ソフトには手を出さない
    3. 金融庁が登録している国内FX業者を使う
    4. 高すぎる収益率を鵜呑みにしない

    それでは、一つ一つ詳しく見ていきましょう。

    怪しいSNSからの連絡が来ても無視する

    突然、知らないLINEやTwitterのアカウントから連絡が来ることがあります。

    アカウントのツイートやアイコンで贅沢な生活を自慢したり、「簡単に稼げます!」などといい加減なことを言って詐欺を仕掛けてくるのです。

    このようなメッセージを受け取った場合は、そのアカウントをブロックして無視してください。詐欺である可能性が非常に高いです。

    高額な自動売買ソフトは買わない

    もしも誰かが10万円以上する自動売買ソフトを勧めてきたら、それは詐欺だと疑ったほうがいいでしょう。

    なぜなら、詐欺ではない自動売買ツールの多くは、数千円以下で購入できるからです。

    もちろん、商品によっては10万円以上するものもありますが、高額な取引ツールだけを提供してくるのは非常に怪しいです。

    そもそもFX会社が提供している無料の自動売買ツールでも十分に機能しますので、高価なツールを購入する必要はありません。

    金融庁に登録済みの国内FX会社を使う

    金融庁から登録された国内業者であれば、詐欺の心配はまずありません。

    そのため、トラブルを避けるためにも必ず金融庁から登録された国内FX業者を利用するようにしましょう。逆に、海外のFX業者や金融庁から登録されていない業者の場合は、詐欺である可能性が高いです。利用するのは避けるようにしましょう。

    異様に高い収益率は疑う

    「忘れていても2ヶ月で資本金が2倍になります」などの謳い文句は、詐欺を疑うべきです。

    そのような詐欺は、例外的に高いリターンについて語るだけで、FX自動売買の仕組みについてはほとんど何も語っていません。

    FX自動売買のユーザーとしては、収益率に注目しがちです。そのため、手法を理解しようとすることも大切なのです。

    FX自動売買ソフトの詐欺に遭ってしまった時の対処法

    自動売買による詐欺を防ぐことができるのが一番ですが、万が一のときのために知っておきたいのが、詐欺に遭ってしまった時の対処法です。

    もちろん1人で全てを対処することは難しいので、警察や国民生活センターなどに相談することになるかと思います。

    悪質性が著しく高いものや多数の被害者がいる場合は警察が動いてくれるケースが多いですが、警察に相談してもあまり効果がない場合も存在します。

    警察以外にも頼ることができる機関は多く存在するため、より多くの相談所を知っておくことが大切です。

    警察に相談する

    警察相談専用窓口は、普通の110番とは違い、日常生活で困ったことがあったときにかけられるサービスです。#9110番に電話すると、専門の相談員が対応してくれ、FX詐欺にあっているかどうかを調べてくれます。

    問題の内容によっては、通報の仕方を教えてくれたり、消費者情報センターや法テラスを紹介してくれたりします。

    警察署にもよりますが、窓口は通常、平日の8:30~17:00に開いているでしょう。

    国民生活センターに相談する

    国民生活センターは、日常の様々な問題を解決するための組織です。国民生活センターには、FX関連の詐欺事件が多数寄せられているので、あなたの事件が詐欺であるかどうかを確認し、アドバイスをしてくれるでしょう。

    詐欺にあったと思ったら、188番に電話してみてください

    弁護士に相談する

    法律の専門家である弁護士に相談することもできます。お金を取り戻したい場合は、詐欺師と交渉することになりますが、法律を知らないと難しいからです。

    弁護士を探すときは、FX投資の詐欺に詳しい人をおすすめします。

    適格消費者団体に相談する

    適格消費者保護団体は、消費者を保護することを目的とした公的機関であり、詐欺師を阻止する命令を出すことができます。

    集団訴訟を起こすには、同じような被害者が何人もいることが必要ですが、まずは相談してみるのがよいでしょう。

    金融庁に相談する

    金融庁の「金融サービス利用者相談窓口」では、金融サービスや行政に関する相談を受け付けています。会社とのやりとりについて相談することができ、金融商品取引法などの法律に問題がある会社かどうかも教えてくれます。必要であれば、専門の機関に紹介してくれます。

    なお、金融庁は会社と消費者の間の仲介をするのではなく、アドバイスをするだけです。

    FX詐欺に強い弁護士を探す方法

    警察などの国の機関が動いてくれなかった場合は、弁護士に相談することになるかと思います。弁護士がいなくとも交渉を行ったり裁判を起こしたりすることは可能ですが、やはり弁護士がいると心強いです。

    とはいっても、「そもそも弁護士ってどうやって探せばいいのか分からない」「どれくらいの費用がかかるのかが分からない」「詐欺で多くのお金を失ってしまったから弁護士を雇うお金がなくなってしまった」という場合が多く存在します。

    その場合、詐欺集団を特定することもできず、お金が戻ってこないどころか他にも被害者が出続けてしまいます。

    ここでは、FXによる詐欺に強い弁護士を探す方法を解説していきます。

    日本弁護士連合会から探す

    日本弁護士連合会の公式サイトで、弁護士の探し方が紹介されています。都合の良い時間に、電話またはオンラインで予約することが可能です。

    初めてであっても、公式サイトでは相談方法や費用などが詳しく説明されているので安心です。

    地域の弁護士会へ相談する

    各都道府県には弁護士会があり、無料で相談に乗ってくれることもあります。相談してみた後に自分と相性が合っていると感じたら、そのまま依頼してみるのもよいでしょう。

    詐欺師と交渉したり時には裁判を行ったりすることを代わりに行ってくれるのが弁護士です。相性の良い弁護士を見つけることは、とても重要なのです。

    法テラスへ無料相談

    経済的な理由で弁護士に相談して助けを求めることが難しい場合は、法テラスにご相談ください。一定の条件を満たせば、1件につき3回まで無料で法テラスのアドバイスを受けることができます。

    また、法テラスが弁護士費用を一時的に負担してくれる場合もありますので、お金がなくても安心して利用することができます。

    FX自動売買自体は詐欺ではない!

    ここまでFX自動売買の中でも数少ない詐欺のケースを紹介してきましたが、FX自動売買そのものが詐欺というわけではありません。

    その理由は、国内でFX自動売買を扱っている会社は金融庁からの認可を受けているからです。もちろん金融庁が認めたからといって必ず儲けることができるというわけではありません。必ず儲けることができるのであれば、国民全員がFX自動売買で稼いでしまいますからね。

    どれだけ安全性が高いFX自動売買であったとしても、条件設定と相場の状況が上手くいかなければ利益を出すことができません。それが理由で「詐欺だ!」と騒ぎ出す人も稀にいるのですが、それは違います。

    「あくまでもFX自動売買は安全であって、ごく稀に詐欺のケースがある」ということを覚えておいて下さい。

    FX自動売買詐欺まとめ

    いかがでしたでしょうか?FXの自動売買は、安全なものを利用すれば初心者でも簡単に利益を出すことができます。

    有料で販売されているソフトや、個人が特別に販売しているような自動売買ソフトを利用しなくても、利益を出すことは可能です。

    有料のソフトもありますが、それは詐欺である可能性が高いです。せめて数千円のソフトの場合は安全なものが多いですが、10万円前後を超えてくるようなソフトの場合は詐欺を疑わなければいけません。

    「収益率50%!」「自動売買ソフトの費用は1ヶ月以内で取り戻せます」といった謳い文句を鵜呑みにすることがないようにしましょう。

    安全な自動売買ソフトを扱っている会社は全て、金融庁からの登録を受けています。皆さんは、詐欺に巻き込まれることなく安全に自動売買によって資産を増やせるようにしましょう。

    目次
    閉じる