MENU

    FXの手数料を全種類解説!手数料が安いおすすめ比較口座一覧も

    FXの手数料

    FX取引において手数料は無視できない事柄の1つ。

    資金がすくないトレーダーは手数料が高くなると利益が減ってしまいますし、1万通貨以上で取引をしていく場合でも取引コストが高ければそれだけ損失が出てきます。

    しかし、「国内FX業者は手数料無料だから取引にかかるコストはないんじゃないの?」と思っている人もいるのではないでしょうか。実は、FX取引にかかるコストは手数料だけではないのです。この記事では、FX取引に関わる手数料について解説、スプレッドとの違いやスプレッドの計算方法、手数料が安いおすすめ口座もご紹介します。

    目次

    FXの手数料を全種類解説!

    FX取引でかかる手数料について確認しておきましょう。国内のFX会社では無料となっているものが多いですが、海外FX会社ではかかってしまう場合もあります。どのような手数料がかかるのか、一度しっかり確認しておきましょう。

    FX口座開設手数料・口座維持手数料

    FX取引をはじめるときに口座を開設しなければならず、口座開設のための手数料と口座維持のための手数料がかかる場合があります。この口座開設手数料と口座維持手数料は無料に設定しているFX業者が多いので、口座開設だけしておくことも可能です。

    FX業者のなかには、期間限定で口座開設ボーナスなど実施しているFX業者もあり、取引資金がなくても期間内に口座を開設だけしたいというトレーダーもいるでしょう。そんなときは、事前に口座開設手数料と口座維持手数料の有無を確認するようにしましょう。

    FX入金手数料

    FX入金手数料は、FX口座に取引資金を入金する際にかかる手数料です。FX業者によって入金方法は異なりますが、基本的にはインターネットバンキング、銀行振込などによって口座へ資金を入金することが可能です。この入金方法によっても入金手数料が違います。クレジットカードやオンラインウォレットなどで入金する場合、入金手数料を無料に設定しているX業者が多いですが、銀行振込では手数料がかかることが多いです。銀行振込利用したいなら、入金手数料の有無を確認しておくようにしましょう。

    入金には手数料もかかりますが、FX業者によって最低入金額が設定されています。その最低入金額以上でないと取引を開始できないため、手数料と合わせ、最低入金額にも注意するようにしましょう。

    FX取引手数料

    FX取引手数料は、売買取引を行う際にかかる手数料のことです。FX取引においてこの取引手数料が重要となるのではないでしょうか。取引に関わるコストは取引手数料とスプレッドを合わせた金額です。この取引コストは、売買取引1回ごとに発生するため、少ない金額であっても取引回数が多ければそれだけ手数料がかかってしまいます。そのため、取引コストを抑えるに越したことがないのです。

    FX取引手数料は無料に設定しているFX業者がほとんどです。そのため、実質取引にかかる取引コストは「スプレッド」のみとなります。スプレッドもFX業者によって設定されている狭さに違いがあるため、取引コストを抑えたいなら、スプレッドの狭いX業者で口座開設する必要があります。

    FXロスカット手数料

    FXロスカット手数料は、ロスカットが行われるときにかかる手数料です。そもそもロスカットとは、損失の拡大を防ぐため損失が一定水準に達したらポジションを強制的に決済するシステムを言います。このロスカットが発生すると手数料が上乗せされるのです。ロスカット手数料は、FX業者によって金額が異なります。なかにはロスカット手数料が無料に設定しているFX業者も。

    ロスカット手数料を意識することも大切ですが、一番注目したいのがロスカットが発生する水準です。このロスカット水準が高ければ強制ロスカットがされやすく、低ければされにくいと考えられます。このロスカット水準は「証拠金維持率」として、公開されています。国内FX業者は100%〜50%で設定されているケースが多く、ロスカットは発生しやすい傾向にあります。ただし、このロスカットが発生すれば大きな損失を防げるので、リスク管理の点では「証拠金維持率」の高さは重要です。

    つまり、ロスカットされやすい場合には手数料もかかりやすいと考えられるため、ロスカット手数料の金額と、「証拠金維持率」を見比べて判断してみるのが良いでしょう。

    FX出金手数料

    FX出金手数料は、FX取引で得た利益を出金する際にかかる手数料を言います。入金手数料と同じく出金手数料は、無料に設定しているFX業者が多いです。出金は、マネーロンダリング対策のため、基本的には入金方法と同じ方法で出金がされます。国内FX業者は、クレジットカードやオンラインウォレットなどの入金方法がないため、出金方法も複雑ではありません。

    また、FX業者によっては最低出金額が設定されている場合があります。この最低出金額以上でなければ出金することができません。出金手数料と合わせて、この最低出金金額にも注目するようにしましょう。

    FX手数料の消費税

    FX取引自体には、「先物取引に係る雑所得等」として税率20%がかかります。利益がでた場合は原則として確定申告が必要です。

    しかし、FX取引の手数料に関しては消費税がかかりません。国内FX業者は金融庁の管理下にある「店頭金融先物取引業者」に分類されます。この「店頭金融先物取引業者」であれば、手数料に対し消費税がかかることがないので、FX手数料は無料です。

    ただし、「店頭金融先物取引業者」に登録されていない海外FX業者では消費税は課税となることを覚えておきましょう。

    FXの手数料とスプレッドの違い

    FX取引コストは取引手数料とスプレッドが合算されて発生してきます。先ほども説明したように、基本的に取引手数料が無料に設定されているため、取引コストはスプレッドに依存します。FX業者は、取引手数料を無料に設定しているため、スプレッドが主な収入源としています。

    つまり、取引コストを抑えたいならスプレッドを比較することが重要なのです。では、そもそもスプレッドと手数料は何が違うのでしょうか。その違いを知るためにもスプレッドについて理解しておきましょう。

    スプレッドとは?

    スプレッドとは、売値(Bid)と買値(Ask)の価格差を言います。通常、FX取引でポジションを注文するときに、売り注文をする際の「売値(Bid)」と買い注文をする際の「買値(Ask)」があり、為替レートは常にこの2つの価格が表示されています。この2つの価格差がスプレッドとなっているのです。例えば、売値(Bid)が100.45円で買値(Ask)が100.44円であれば、その価格差は0.01円となり、スプレッドが0.01円ということになります。

    この価格差が狭ければ価格差がなくなりスプレッドが抑えられます。FX業者で「業界最狭水準」と謳っているスプレッドは、この2つの価格差が狭いということなのです。逆にいえば、価格差が広ければスプレッドがかかることを意味し、取引コストが大きくなってしまうのです。

    スプレッドの仕組み

    そもそも売値(Bid)と買値(Ask)の価格差がなぜ発生するのでしょうか。それはスプレッドの仕組みを知れば明らかとなります。スプレッドは、2つの通貨間で起こる両替と同じ仕組みです。

    例えば、日本円を米ドルに両替するときには1ドル110円で交換、逆に米ドルを日本円に戻すときは1ドル108円となると、そこには2円の差額が生じます。これがまさにスプレッドの仕組みです。この両替をする際に発生する手数料としてスプレッドが発生するのです。

    スプレッドの単位・計算方法

    スプレッドにもそれを示す単位があります。日本円で取引されるスプレッドの単位は「銭」で表されます。また、日本円での取引に限らず国際的に用いられている単位は「pips」となります。0.01円を1銭に換算できるので、「銭」や「pips」に単位がおきかわってもスプレッドにいくらかかっているかイメージしやすくなるでしょう。つまり、0.01円=1銭=1pipsなのです。

    これがわかれば1回の取引にいくらコストがかかったかを計算するのはとても簡単です。例えば、1,000通貨の取引にスプレッドが0.2銭であるとしましょう。そうなると、取引コストにかかる金額は以下のような計算式で求められます。

    1,000通貨×0.2銭=200銭=2円

    取引コストがいくらかかったかがわかれば、自分の利益がどれくらい出たかなど正確に把握することができるだけでなく、損失リスクを減らすことにも役立てられます。

    スプレッド次第で利益は変わる

    スプレッドの計算方法でもご紹介したように、1回の取引で発生するスプレッドの金額をみて、大きなコストに感じないかも知れません。しかし、このスプレッド次第で利益は大きく変わります。例えば、以下のケースでいうとどうでしょうか。

    • 取引通貨数が多い
      10万通貨×0.2銭=20,000銭=200円
    • 取引回数が多い
      10万通貨×0.2銭×10回=200,000銭=2,000円
      1,000通貨×0.2銭×10回=2,000銭=20円

    取引通貨単位、取引回数が上がればそれだけスプレッドも増加していきます。

    国内FX業者では、「原則固定制」のスプレッドであるため、大きな価格変動がない限りは、スプレッドは一定になっています。しかし、スプレッドが0.5銭であれば10万通貨を10回取引すれば5,000円の取引コストがかかるということ。スプレッドが広がればかなりコストもかかるので、利益に大きく影響を及ぼします。スプレッドを抑えることもFX取引で無視できないことなのです。

    FXの手数料が安いおすすめ口座

    FXの手数料を抑えたいと思ったら、FX業者の選定が非常に重要です。ここでは、手数料が安いFX業者をランキングで紹介。口座開設の参考にしてください。

    FX手数料 第1位 GMOクリック証券

    GMOクリック証券

    GMOクリック証券は、総合力が高いFX業者です。手数料が各種無料であることに加え、スプレッドも狭く、スワップポイントも優秀で長期取引もしやすい環境が整えられています。FX取引高が業界トップレベルで、多くのトレーダーから支持されており、総合力の高さを裏付けています。

    取引手数料無料
    スプレッド(1,000通貨/米ドル円)0.2銭(原則固定)
    最低取引数量1万通貨
    取扱通貨数20種類
    口座開設手数料・口座維持手数料無料
    入金手数料即時入金手数料無料
    ロスカット手数料1万通貨単位あたり税込500円
    証拠金維持率証拠金維持率50%未満
    出金手数料無料

    ロスカット手数料に注意

    GMOクリック証券では、あらゆる手数料が無料であるのに加え、スプレッドも狭く取引コストが全体的に抑えることができる条件が揃っています。ただし、ロスカット手数料だけは、1万通貨単位当たり500円かかってしまうので、ロスカットには充分な注意が必要です。ただしGMOクリック証券のロスカット発生条件が、証拠金維持率50%未満になるので、ロスカットも起こりにくいため、リスク管理さえすればロスカットが頻発することもないでしょう。

    最低取引数量は1万通貨

    GMOクリック証券の1回の取引単価は1万通貨と高額設定になっています。つまり、米ドル円で取引した場合、かかる取引コストは2銭ほどです。スプレッドは「原則固定」であるため激しい値動きや経済状況の悪化を除けば、広がる可能性が少ないですが、取引単価が高額になるほどスプレッドの加算されていくので、取引コストには充分に注意しながら取引を進めるようにしましょう。

    FX以外の取引も可能

    GMOクリック証券の魅力は、FX取引に限らず株式、投資信託、先物・オプション、外為オプション(バイナリーオプション)、債権、CFD、maneo(貸付型クラウドファンディング)などの金融取引ができます。口座開設にはそれぞれ申し込みが必要になりますが、GMOに登録した1つのアカウントで登録ができ、切り替えや資金移動もしやすいため、様々な投資もしやすい点もメリットとしてあげられます。他の金融商品の手数料も安く、はじめやすいというのも魅力の1つ。

    取引ツールが優秀

    GMOクリック証券のもう1つの魅力として取引ツールの使いやすさがあります。GMOクリック証券で使うことができる取引ツールは自社開発のPCツール「はっちゅう君FX」、アプリツール「GMOクリックFXneo」があります。発注がしやすいツールで、ユーザーが使いやすい機能も充実。初心者でも直感的に利用できるわかりやすい使用になっています。

    FX手数料 第2位 外為どっとコム

    外為どっとコム

    外為どっとコムは、FX会社のなかでも長い運用実績があり、信頼性と安全性が高いFX業者です。各種手数料が無料であるのに加え、スプレッドも全体的に狭く、取引コストが抑えたいトレーダーに選ばれています。トレーダーにとって取引が有利に進められるツールや、自由に取引ルールを自ら設定できるものもあり、トレード戦略も広げることができます。

    取引手数料無料
    スプレッド(1,000通貨/米ドル円)0.2銭(原則固定)
    最低取引数量1,000通貨
    取扱通貨数30種類
    口座開設手数料・口座維持手数料無料
    入金手数料無料
    ロスカット手数料無料
    証拠金維持率証拠金維持率100%~50%未満
    出金手数料無料

    手数料が全て無料

    外為どっとコムでは、取引手数料をはじめあらゆる手数料が無料となっています。そのなかには、ロスカット手数料、レバレッジ手数料も入っており、手数料をかけずにFX取引をしていくことができます。実質取引にかかる手数料はスプレッドのみ。そのスプレッドもメジャー通貨である米ドル円、ユーロ円などの通貨ペアが狭いはもちろんのこと、他社では比較的広めである南アフリカランド円などの高金利でおなじみのマイナー通貨ペアのスプレッドも業界トップレベルの狭さ。外為どっとコムではかなり取引コストを抑えた取引ができると言えるでしょう。

    証拠金維持率は調整可能

    外為どっとコムでは、証拠金維持率は自分で設定することができます。100%〜50%の間で10%区切りで設定が可能。リスクを重視するなら100%に、粘って取引したいなら50%と自身の取引スタイルに合わせ取引ルールを設定できます。ロスカット手数料も無料なので、自分の戦略に合わせ変更できるだけあり、利便性が高いといえます。

    情報量が豊富

    外為どっとコムのもう1つのメリットが情報量の多さです。取引に役立つ外国為替ニュース、アナリストレポートだけでなく、FX取引が初めての初心者向けの教育コンテンツも充実。その情報量の多さは業界でもトップレベルです。

    便利な「ぴたんこテクニカル」

    テクニカル分析などの苦手なトレーダーでもわかりやすくチャートの動きを予測を立てられるツール「ぴたんこテクニカル」を利用することができます。買い時や売り時を予測してくれる「 お天気シグナル 」、未来のチャートの動きを予測できる「みらい予測チャート」を駆使すれば初心者でも簡単にテクニカル分析ができるようになります。

    FX手数料 第3位 DMM FX

    DMM FX

    DMM FXは知名度と人気度が非常に高いFX会社です。取引単価が1万通貨と高額取引がメインとなりますが、各種手数料が無料でスプレッドも狭いため取引コストがかからない点も人気の要因。取引をするごとにポイントが貯まるサービスもあり、お得にFX取引したいトレーダーに選ばれています。

    取引手数料無料
    スプレッド(1,000通貨/米ドル円)0.2銭(原則固定)
    最低取引数量1万通貨
    取扱通貨数21種類
    口座開設手数料・口座維持手数料無料
    入金手数料無料
    ロスカット手数料無料
    証拠金維持率証拠金維持率50%以下
    出金手数料無料

    各種手数料が無料

    DMM FXでは取引手数料をはじめ、入出金手数料やロスカット手数料などの各種手数料が無料で利用できます。また、スプレッドも業界トップレベルの狭さで米ドル円で0.2銭、ユーロ円で0.5銭など特にメジャー通貨に関してのスプレッドは狭いといえます。スプレッドは原則固定であるため、急な価格変動や経済状況の悪化がない限りは安値で取引できるでしょう。

    ただし、DMM FXの取引単価は1万通貨からなので、その分スプレッドは加算されます。1回の取引にかかるスプレッドは2銭ほど(米ドル円の場合)。また回数が多くなればそれだけスプレッドがかかりますが、取引コストは実質スプレッドのみなので全体的には取引コストを抑えた取引ができるでしょう。

    取扱通貨数に注意

    DMM FXは他社に比べ取扱通貨数が少なめです。米ドルやユーロなどのメジャー通貨の取扱いはありますが、高金利通貨のトルコリラの取扱がありせん。メジャーな通貨での取引をしたいトレーダーには充分ですが、高金利通貨に注目しているトレーダーにとっては、選択肢が狭くなってしまうので物足りなさを感じる可能性もあります。

    お得なポイントサービス

    DMM FXでは、取引回数に応じてポイントが貯まるポイントサービスを実施しています。規取引1ロットに対し、ランクに応じた最大3倍のポイントが付与されるというもの。溜まったポイントは「1ポイント=1円」に交換できるので、取引をすればするほどお得になります。デイトレードなど取引回数が多いトレードをメインにしているトレーダーにはおすすめのサービスです。

    時事通信社の経済ニュース無料提供

    DMM FXが提供する情報量は豊富で、業界でも初めて時事通信社の経済ニュース無料提供しています。時事通信社では、経済指標発表や要人などの突発ニュースをスピーディに提供。FX取引に関する有益な情報を入手できる点もDMM FXの大きな魅力の1つです。

    FX手数料 第4位 LINE FX

    LINEが運営するLINE FXは、2020年3月からサービスを開始したFX会社です。運営実績がまだ短いものの、高い知名度からおよそ8ヶ月で10万口座を突破するなど、今注目のFX会社でもあります。LINE FXの強みは、LINEとの連携ができるシステムとFX投資の手軽さがある点ではないでしょうか。キャンペーンも充実しており、少額取引をしたいトレーダーにとってもかなりメリットが多いといえます。

    取引手数料無料
    スプレッド(1,000通貨/米ドル円)0.2銭(原則固定)
    最低取引数量1,000通貨
    取扱通貨数23種類
    口座開設手数料・口座維持手数料無料
    入金手数料無料
    ロスカット手数料無料
    証拠金維持率証拠金維持率100%未満
    出金手数料無料

    各種手数料が無料

    LINE FXは取引手数料をはじめ、各種手数料が無料となっています。実質取引にかかるコストはスプレッドのみ。スプレッドも米ドル円やユーロ円などのメジャー通貨のスプレッドは業界トップレベルの狭さを誇ります。スプレッドも「原則固定」となっているため、値動きに左右されずスプレッドも定額なのでコストも気にすることなく取引に集中することができます。

    LINEとの連携

    LINE FXのもう1つの強みはLINEと連携ができることです。LINEと連携することで、経済指標や価格変動をLINEのチャットで通知。自分で情報を見にいくこともなく、普段利用しているLINEから確認できるため、重要情報も見逃しにくくなり、情報収集を「手軽」に行うことができます。

    ツールの利便性が高い

    LINE FXの取引ツールはスマホアプリ「LINE FX」とPCアプリ「LINE FX Pro」、もしくはブラウザ版から好きなツールを選択することができます。もともとLINEを運営しているだけあり、アプリ版の取引ツールの利便性が非常に高く、誰もが直感的に操作ができるようアイコンの押しやすさ、チャートの見やすさに特化しています。スマホで「手軽」にFX取引ができるのもLINE FXの魅力です。

    FX手数料 第5位 LIGHT FX

    LIGHT FX

    LIGHT FXは、スワップポイントの良さが業界トップレベルのFX会社です。さらに約定力も高いためデイトレード、長期トレードに特化した環境が整えられています。もちろん各種手数料が無料であることに加え、スプレッドも狭い。少しでも良い取引条件で取引をしたいトレーダーにおすすめです。

    取引手数料無料
    スプレッド(1,000通貨/米ドル円)0.2銭(原則固定)
    最低取引数量1,000通貨
    取扱通貨数28種類
    口座開設手数料・口座維持手数料無料
    入金手数料無料
    ロスカット手数料無料
    証拠金維持率証拠金維持率100%以下
    出金手数料無料

    スワップポイントが高水準

    LIGHT FXの最大の魅力はスワップポイントの高さです。高金利通貨である南アフリカランド、メキシコペソ、トルコリラなどの取扱もあり、スワップポイントは南アフリカランド円で91円、メキシコペソ円で71円、トルコリラ円で42円ほど。かなり高いスワップポイントが期待できるので、スワップ狙いの長期取引をメインとしているトレーダーにとって非常に良い条件が揃っているといえます。

    スプレッドの狭い

    LIGHT FXはスワップポイントだけでなく、スプレッドの優秀です。米ドル円は0.2銭、ユーロ円は0.4銭とその狭さは業界トップレベル。また、取引手数料だけでなく、入出金手数料、ロスカット手数料なども全て無料。さらに、1,000通貨から取引をすることができるので資金が少ないトレーダーにとって非常に良い条件が揃っています。

    約定力が高さ

    LIGHT FXのもう1つの魅力は約定力の高さです。スプレッドが狭いFX会社のなかには、約定力がなく「約定が入らない」などが多々ありますが、LIGHT FXは約定率99.9%を誇り、トレーダーがノーストレスで取引できる環境が整備されています。「低スプレッドなのにスベらない」と口コミがあるほど、トレーダーの中でも納得の約定力を誇っています。

    FX手数料まとめ

    FX取引の手数料について解説してきました。国内FX業者は、手数料が無料になっている業者がほとんどで、取引コストはスプレッドによって左右されます。そのため、取引コストを比較する際は、スプレッドの狭さを見るようにすると、取引コストを抑えた取引が可能になります。ご紹介したスプレッドの計算方法を参考に、自分がどのくらいの取引回数と取引単価でFX取引をしていくかを想定した上でFX業者を比較するようにしましょう。

    目次
    閉じる