MENU

    FX手法ランキング2022!断トツ人気の手法を大公開

    FXの手法ランキング

    「FXの手法はいっぱいあるけれど、結局どれを使えばいいの?」「自分に合う手法が何かわからない」などといった悩みを抱えていらっしゃる方は多いのではないでしょう。

    一般的にFXは「トレード手法」「テクニカル手法」の2種類があります。この記事ではどちらの手法についても詳しく解説していきますが、「トレード手法」では手法ごとのおすすめFX会社ランキングを、「テクニカル手法」ではFXのトレード手法を解説しているサイト「FX Works(FX ワークス)」で1番人気のある手法について解説していきます。

    この記事を最後までご覧になることで、FXで利益を出せる手法について初心者の方でも完璧に理解することができるでしょう。

    目次

    FXの手法は2種類!

    冒頭でも述べた通り、FXの手法は「トレード手法」「テクニカル手法」の2種類があります。

    FXのトレード手法

    • 「スキャルピング」→「超短期トレード」で1回で数秒〜数分でトレードを完結する為1日に数十回はトレードが必要になります。
    • 「デイトレード」→「短期トレード」では利益/損益関係なく必ず1日でトレードを完結するため、1日に数回トレードが必要になります。
    • 「スイングトレード」→「中長期トレード」で数日〜数ヶ月〜時には数年保有する事もあります。

    その他には「スワップポイント投資」や「FX自動売買」のように自らトレードはせずに「金利で利益を得る方法」「設定だけしてあとは完全にお任せで利益を得る方法」があります。 

    それぞれのトレードには特徴があるため、その特徴と自分の性格を見比べて自身にあうトレード方式を見つけるのがFXに勝つ唯一の方法でもあります。

    FXのテクニカル手法

    FX取引市場で起きた取引実績から時系列を分析をしてこれから起こる未来の分析を導き出す方法です。

    取引価格の上昇トレンド・レンジ相場・下落トレンドいつ発生するか見極める方法と値頃感と変動幅をチャートで分析します。

    FXのスキャルピング向けおすすめランキング

    先に述べたように「FXスキャルピング=超短期トレード」となっていて1日に数十回トレードするので1日チャートと睨めっこがスキャルピングの基本トレードです。

    スキャルピングは海外では「頭の皮を少しずつ剥ぐ」という物騒な意味も持っていますが、1日数十回トレードが何十人〜何百人いたらFX証券会社は他のお客さんの仕事を出来ずにスキャルピングの仕事だけを永遠にこなさなくてはなりません。

    なので実は「スキャルピング禁止」というFX証券会社は多いので、「スキャルピングOK」の証券会社をご紹介します。

    GMOクリック証券

    GMOクリック証券

    「スキャルピングNG」の証券会社でスキャルピングトレードをしていると悪質だと思われてしまうと、「出金停止・口座凍結」などの重い罰則があります。

    しかしGMOクリック証券はスキャルピングOKでスプレッドが安いのです。

    • スプレッドとはコスト・手数料と思ってもらえれば分かりやすいかと思います、そして業界狭水準とも言われておりそしてコストを抑えた安定したトレードが望めます。
    • 次にスピード注文・決済が早いという事が挙げられます。

    そもそも「スキャルピングトレード」をする場合には使う時間足は下位足となり、「マルチタイムフレイム」を使用してもほぼ下位足ばかりなのでローソク足のスピードが速いのです。

    せっかくチャンスが来てもスピードが速いローソク足に遅れを取らずに追いついて行くには「注文・決済」のスピードが問題になってきます。

    「注文・決済」のスピードが早ければチャンスは逃さないのでGMOクリック証券はスキャルピングに向いていると言えるでしょう。

    ただし、先ほど述べたように「注文・決済・ローソク足」のスピードが早いので「頭の回転の速い人、スピードについていける人」に向いています。

    GMOクリック証券には「スキャルピング高機能取引ツール」が備わっており、それが「FXネオ」です。

    スキャルピングに特化しておりますが、高金利通貨の「メキシコペソ/日本円」「南アフリカランド/日本円」「トルコリラ/日本円」があり、スキャルピングと同時に高金利通貨でスワップポイント投資で高金利で儲ける人もいます。

    スキャルピングトレードする場合には

    スキャルピングトレードをする前にやってはいけない事があり、それが何か分かるでしょうか?

    それは大きな金額を賭けてはいけないという事で、勝ち続けてしまった結果の果てに自分には才能があるのではと勘違いしてしまい、スキャルピングに巨額を賭けてしまい資金を失う良くあるパターンです。

    スキャルピングトレードとはポジションと価格変動を抑えて少額を賭けて少額の儲けを瞬間的に出すのが基本です。

    その少額の儲けを何十回もして積み重ねていく事でやがて大きな利益になって返ってきますがいつチャンスが来るか分からない以上1日中チャートと睨めっこをしなければなりません、瞬間的な取引ですので集中力を持続出来ないど厳しいと思います。

    スキャルピングトレードで勝つ方法はさまざまあり、トレンドやオシレーターを使う方法、そして1番大事なのが「時価総額と流動性」が高い通貨ペアを使うというのが鉄則です。

    「時価総額と流動性」が高ければ高いほどスキャルピングトレードのチャンスが早い内に回ってくるからです。

    FXプライムbyGMO

    FXプライム byGMO【ちょいトレFX】

    「FXプライムbyGMO」はスキャルピングトレードOKで、短時間で何度もスキャルピングトレードを繰り返して利益を積み上げていく事も公認とされています。

    「FXプライムbyGMO」はFX経験がない初心者の人にもおすすめでさまざまなツールが充実しており初心者の人も安心してトレード出来るシステムになっています。

    この「FXプライムbyGMO」は1,000通貨単位からのメリットはありますが、しかしデメリットもあります。

    • 1,000通貨単位以下の取引だと手数料がかかってしまい、スキャルピングトレードみたいな短時間で何度もトレードしていると少しずつでも「塵も積もれば山となる」方式でコストがかかってしまいます。
    • スプレッドが広い事も大きな痛手となり、時刻によってスプレッドが広まったり、狭まったりします。スプレッドは手数料と同じなのでスプレッドが広くなればなるほどコストの重圧が凄く負担になります。
    • ロスカットに手数料がかかるという事で、万が一、証拠金維持率80%を下回った場合にはロスカット警告後、ロスカットになりますがロスカットに手数料がかかり「ダブル損失」となります。

    FXのデイトレード手法向けおすすめランキング

    FXの中で1番多いトレーダーがデイトライダーで「億FXトレーダー」に1番多いスタイルも「デイトレード」なのです。

    デイトレードは1日で全てを終了させ例え「利益/損益」であろうと全て決済します。

    そして何より初心者もデイトレードに参入して来る割合が高く、社会人・学生は日中は仕事・勉学に励んで帰宅してからデイトレードに参入出来るという最高のメリットがあります。

    そんなデイトレードに向いているFX証券会社を2社紹介しますので参考になれば幸いです。

    FXブロードネット

    トラッキングトレード

    「FXブロードネット」ではデイトレード初心者の人でも迷わないシンプルな操作性と取引ツールを兼ね備えています。PCだけではなく「iPhone/スマートフォン」でも同じで、アプリではワンタップで売買が可能になり、急変した相場にも即対応出来る所が魅力的です。

    チャートの「トレンド・オシレーター」も全11種類とやや少ないと思うかも知れませんが「トレンド系4種類・オシレーター系7種類」最低限はそろっています。

    そしてブロードネットでは「FX実践トレードが怖い」という人の為に「FXブロードネットの無料デモトレード」があります。

    デモトレードはお金を賭けずにFXの練習が出来、チャートやローソク足も本番と全く同じですがお金を賭けていないので当然ながら買って利益が出ても実際にはお金が入っては来ません。

    そして「FXブロードネット」で面白いのが「自動売買ツールトラッキングトレード」となり、「1,000通貨単位から」ですので負担が少なく、「クロス円(合成通貨 : 日本円を含む通貨ペア」おが人気となっています。

    これならいきなりデイトレード始めて損益出すよりいくつかの方法で成功法則を築く事も可能性が高いと思います。

     FXブロードネット公式サイトの口座開設フォームはこちら

    外貨ex byGMO

    外貨ex byGMO

    デイトレードは「テクニカル分析」が要となっており、名の通り1日でトレードを終わらせるのでテクニカル分析は重要視されます。

    朝出勤前にテクニカル分析して可能性のある通貨ペアを購入して帰宅後に結果を確認するという方法もあります。

    そこで大切なのが相場の急変でスプレッドが「急に広がりコストがはなあがる」事を防ぐのに「外貨ex byGMO」は比較的負担が軽いのがメリットです。

    時間の束縛からの解放という点もあげられ、スキャルピングは画面に張り付いてなくてはいけませんでしたが、デイトレードは時間の選択を決めてトレードができるのでFX初心者の人にもおすすめと言えます。

    そして一日中画面に向かっていれば、どうしても落ち入りがちなのが「ポジポジ病」ですが、時間選択をすれば対策として成り立ち「メンタル負担軽減に役に立ちます。

    そして最大のメリットの一つが「スワップポイント」で、一日で取引終了の為にスワップ金利は気にする必要がありません。

    スワップポイントは金利をもらえますが通貨ペアによっては金利を払わなくてはなりませんがデイトレードでは気にする必要はありません。

    「外貨ex byGMO」はこの他に「PCアプリ:Cymo NEXT」「スマホアプリ:iPhone Cymo・Android Cymo・iPad Cymo・Tablet Cymo」がありアプリとしては高い性能を持っており、デイトレードではおすすめです。

    FXのスイングトレード手法向けおすすめランキング

    「スイングトレード」は数日〜数ヶ月もしくは一年以上ポジションを持ち続ける事があります。

    「スキャルピング・デイトレード」は比較的小さい波を狙ってましたが「スイングトレード」は大きな波を狙うので一回一回の利益が巨額になり反対に損益も巨額なります。

    一日のチャート確認ペースは1回〜2回のペースなので比較的楽だと思います。

    DMMFX

    DMM FX

    「スイングトレード」で気を付けなくてはならないのがマイナススワップ金利であり、ただでさえ長期間保有なのでマイナススワップ金利と手数料がたまりやすい悩みがあります。

    「DMMFX」はマイナススワップ金利と手数料が安いのでおすすめなのです。

     FX証券会社によってスワップポイント・手数料は大きくかわり、売りでスイングトレードをするのであれば「DMMFX」でありスマホアプリの評価も大きいです。

    みんなのFX

    みんなのFX

    みんなのFXでは初心者でも安心の「みんなのシストレ」という24時間自動売買を利用する事が出来ます。

    スイングトレードは他のデイトレード・スキャルピングと違うので、慣れるまで「合計損益・収益率」などさまざまな分野を24時間代わりにトレードしてくれます。

    そしてデモトレードで練習も出来、仮想のお金を100万円貰いチャートはリアルチャートと同じ動きをします。

    FX ワークス(FX Works)でランキング上位は?

    それでは次に「FXならワークスでランキング上位」を述べていきたいと思うのですが、まずその前に「ワークス」ってなんなの?

    「FX ワークス」について知らないよという人の為に簡単にワークスがどういうものなのかを触れてみたいと思います。

    そもそもFX ワークス(FX Works)とは

    ごく簡単に一言で言えば「FX手法を探求するブログ」です。

    「FXをやってもなかなか勝てない」「自分に合う手法か分からない」「FXの手法が多すぎて何を使えば良いの」という人が多いと思います。

    そこで「専業トレーダーのFXワークスの著者のTOMOZO氏」がかつて使用していたFX手法をまとめています。

    数多くの手法から自分に合う手法が見つかるかも知れないのです。

    FX手法絞り込み検索
    • 勝てる?
    • 取引スタイル
    • 取引市場
    • 時間足
    • 1通貨ペアあたりの月間取引頻度
    • 取引通貨ペア
    • 勝率
    • 損益レシオ(利益と損益の比率)
    • 分析方法
    • その他の選択肢
    • 自分に合ったFX手法を探す

    これらの項目を押すとそれらに合った手法一覧が出てきます。

    FX手法ランキング第1位 2本のEMAを使ったシンプル手法

    まず説明する前に「EMA(Exponential Moving Average)〈指数平滑移動平均線〉」は使用方法は「SMA(単純移動平均線)」同じですが違う点は比重を掛けて算出方法を使うので直近の動きに凄く敏感なのです。

    今回はデイトレードで2本のEMAでトレードで、2本の線の設定をします。

    • 短期 : 10
    • 長期 : 20

    ⚫︎買いの場合

    2本のEMAが上にゴールデンクロスしたら通常は買いの合図なのですが買わずに様子見をします。

    何故ならEMAはSMAと比べてかなりダマシが多く、この時点では押し目買い待ちであり現在の段階では2本のEMAの上にローソク足がある状態です。

    ローソク足は波をうって動いているのでローソク足が加工して「短期10EMA」にタッチした時が押し目待ちしていた押し目買いの合図なのでエントリーをします。

    利食いですが「+30ピップス」損切りは「 – 20ピップス」この手法で「勝率50%」くらいとの事です。

    今回をまとめますとFXで勝っているトレーダーはチャートが極めてシンプルであり、中にはローソク足のみという人もいます。

    今回はデイトレードのEMA2本のみでの戦略でしたがこの手法も単純でダマシに騙されないシンプル手法がFXに勝つ方法という事です。

    FX手法ランキング第2位 15分足EMA200を使ったシンプル手法

    15分足EMA200を使った「押し目買い・戻り売り手法」であり、通貨ペアはどのペアでも良いのです。

    シンプルな手法ですが、「15分足と書いてありますが、15分と他に60分足と4時間足」も使用する事も可能です。

     FX攻略手法はやはりシンプルに勝るものはなく、難しい手法だと混乱しやすく、負ける人は難しく、ややこしくなるから頭が余計に混乱してFXトレードに追いつかない可能性が大きいのです。

    勝ち組FXトレーダーは皆シンプルな手法・トレードを使っているので勝てているのですが「無理してあえて難しい手法を使わない」これから説明するのもシンプルな手法です。

    ⚫︎15分足EMA200

    「EMA200→15分足」「EMA20→60分足・4時間足」の3つの時間足に設定表示させ、3つの時間足の「マルチタイムフレーム」という事です。

    通貨ペアはすべてに共通して使えるのであとはスプレッドの広狭に気を付けなくてはなりません。

    察しの良い人はもう分かっているかも知れないがこれは「マルチタイムフレーム+グランビルの法則」の合わせ手法なのです。

    グランビルの法則を知らない人の為に少しグランビルの法則についてお話しします。

    「グランビルの法則」は「移動平均線を考案」したアメリカのチャート分析家の「ジョセフ・E・グランビル」によって編み出されました。

    最初は株式に使われてそしてFX・先物取引きなどにも対応出来て「ローソク足と移動平均線1本」のみでここまで来ました。

    「グランビルの法則」というのは売買のタイミングを判断すべく編み出され「買いのタイミングポイントが4つ」「売りのタイミングポイントが4つ」の計8つの売買パターンからなっています。

    「15分足EMA200」のショートパターンで説明すると「60分足と4時間足がEMA20で下降トレンドである事が条件です」

    「15分足EMA200」下降トレンド陰線を確認したらエントリー、必ず3つの時間足が揃っている事が条件です。

    15分足EMA200で「利食いは+50pips」「損切りは-15pips」で大切なのは待つ事ですグランビルの法則の8つの売買パターンでチャンスを掴みむのですがもしこれで勝てない人はグランビルの法則が形成されるまで待てない人です。

    FX手法ランキング第3位 4本値手法

    サラリーマン・OL・学生は毎日忙しくてチャートすら余裕を持って見れない人が多いと思いますが「朝の5分間に4本値を確認するだけのFX手法で、条件はデイトレード・日足・ポンド/円」です。

    1番利益を上げるのでしたら「ポンド/円」ですが余りにも値動きの激しさから「殺人ポンド」と呼ばれています。

    ちなみに「4本値」FXの基本でローソク足のある部分から「始値・高値・安値・終値」これは証券会社によって違いますがチャートのどこかに必ず数字で表示されており、為替レートにも表示されています。

    ⚫︎前日の終値から30pips以上動いた方向に順張り

    1. 毎朝6時〜7時の間にポンド/円の4本値を確認しましょう。
    2. 前日の終値から30pips以上動いたら方向にエントリーします。
    3. 全員の終値が30pips以下の場合は前々日の動きに従います。
    4. この手法のルールとして1銭でも30pipsを超えてしまったら方向転換とみなし、スプレッドの広狭に注意をしていきましょう。

    損切りについては「 – 100pips」で固定しておき、利食いは「+300pips」以上でしたら何pips関係なく大きく利益取れる時は取っておきましょう。

    ただし「ポンド/円」は「殺人ポンド」と言われるくらい値動きが激しいのでいきなり反転する事もあるのでもちろん自分の自己判断が大切な時もあります。

    もっと細かく説明しますと朝の6時〜7時の確認時に「方向が変われば利確する」「方向が変わらなければそのまま継続してトレード」します。

    週明けの月曜日は、金曜日が値動きが激しく土曜日・日曜日の分で月曜日のチャートに穴が開く可能性があるため見送る判断をして、正しい判断が厳しいのでトレード曜日は「火曜日〜土曜日の早朝までの5日間」とします。

    この手法では月曜日の週またぎはする事は厳禁としないと思わぬ大損害を被る事になり得ません。

    最初は慣れるまで上手くいかないかも知れませんが、慣れてくれば勝率が80%になる人もいます。

    「ユーロ/円」「ユーロ/ポンド」などもありますが、やはり1番利益率の効率を考えると「ポンド/円」が1番利益率が良いようです。

    先程も言いましたが、この「4本値」は慣れるまでが大変なので過去のチャートやデモトレードなどで練習してからの方が安心してトレード出来ます。

    FX手法ランキングまとめ

    今回は「FX手法ランキング」で3つの手法を説明をしましたがいかがでしたでしょうか?

    お分かりいただけたと思いますが手法はシンプルなのが1番なのですが、ここで考えていただきたいのがシンプル手法も人それぞれなのです。

    他人にはシンプルなのに自分にはシンプルではない、ではどうすればよいのか?

    私も初心者の時はしましたが、一通りFXの手法をやって、組み合わせたり簡単にアレンジする事から新しい発見がありますので皆さんも自分のシンプルトレードが見つかる事を祈っています。

    目次
    閉じる