MENU

    FXの税金はばれるって本当?確定申告しないとばれる理由を解説

    FXの税金はばれる

    FXで利益を出すと、当然「確定申告」を行って税金を納める必要が出てきます。しかし、必ずしも全員が納税する必要があるわけではないというのをご存知でしょうか?

    また、「税金を納める必要があるのは知っているけれど、どうせバレないのでは?」「実際に申告していないけど別に税務署から連絡も来ていないから大丈夫だろう」と考えている方はいませんか?そんな方は、必ず最後までこの記事をご覧ください。

    この記事では、FXでの確定申告について初心者向けに詳しく解説していきます。

    目次

    FXの税金はばれるって本当?FXで確定申告をしなければいけない人とは?

    FXでは、必ずしも全員が確定申告をしなければいけないわけではありません。人によってはしなくても良い場合もありますし、当然する必要がある場合もあります。ここでは、FXで得た利益について確定申告をしなければいけない人とはどんな人なのか、詳しく説明していきますね。

    FXの所得が年間20万円を超える会社員

    まず、FXの所得が年間20万円以上の会社員は確定申告をしなければなりません

    FXで年間20万円以上の収入がある場合、申告分離課税という税法上で決められた税金を収める必要があります。逆に、収益が20万円以下の会社員の場合は、税法上で特に税金が定められていないため、税金を収める必要はありません。もちろん、収益が0以下(損失のみ)の場合でも納税の義務はありません。

    所得控除を超える専業主婦

    専業主婦の方で、家事の空き時間を使ってFXトレードを行っているという方もいるかもしれません。このような方は、FXでの利益が年間48万円を超える場合は税金を支払う必要があります

    専業主婦の場合は、所得控除を超えたときに確定申告が必要となります。納める税金は、社員の場合と同じ「申告分離課税」です。専業主婦の場合は所得控除が48万円となっているので、年間48万円以上の利益を上げている方は確定申告を行う必要があります。先ほどと同様に、収益が年間48万円以下の場合は納税の必要はありません。

    注意点として、控除額は人によって48万円ではない可能性もあります。詳しくは税務署や税理士へ確認してみてください。

    また、専業主婦は配偶者控除という控除も受けています。所得控除の48万円を超えた場合、専業主婦でも配偶者控除の対象外となってしまい、夫の所得税が増加してしまうため注意しましょう。FXの利益だけではなく、自身の確定申告や夫の所得税についても考慮する必要があるのが、専業主婦の確定申告での特徴です。

    FXの所得とは?計算方法や税率を解説

    FXの所得への税金は、一律20.315%となっています。

    しかし、ここでいう所得とは単にFXで得た利益のことではありません。「所得=収入-必要経費」というのが確定申告での基本です。所得とは、利益から経費を引いたものとなっています。

    FXでは、経費として幅広い支出を計上することができます。基本的にFXの取引を行うために必要不可欠な支出はすべて必要経費とみなします。

    • プロバイダー料金
    • 為替に関する資料や書籍代
    • 消耗品や筆記用具など、100,000円未満の物品の取得費用
    • セミナーへの参加代
    • セミナー参加への交通費用
    • セミナー参加に伴う宿泊代
    • 交際費(飲食代など)
    • 家賃・光熱費
    • FXの取引のためにした借金の利息
    • 自動売買やレンタルサーバー代
    • パソコン・モニター代

    などが主な経費としてあげられるでしょう。何でもかんでも経費として扱えるわけではありませんが、かなり幅広く経費として扱うことができます。もしも心配なことがあれば、最寄りの税務署や税理士へ相談してみると良いかもしれません。

    FXの税金がばれる理由

    FX会社は、顧客の取引データを税務署に報告することになっています。支払調書と呼ばれる記録が残されていて、その記録はマイナンバーと紐付けられているので税務署がFXトレーダーの利益を把握することは容易です。

    それと同様の手段で確定申告の有無を調査することは簡単にできてしまうので、脱税した合はすぐにバレてしまいます。FX会社を介して取引を行っている以上、バレてしまうものはバレてしまうので、真面目に確定申告をするようにしましょう。脱税は犯罪なので、絶対にやめてくださいね。

    ばれてないと思うのは泳がされているだけ

    脱税をしていると、最初はバレていないように思うかもしれません。しかし、それは税務署に泳がされているだけである可能性が非常に高いです。

    税務署は、脱税した人を見つけてもすぐに税務調査をすることはありません。確定申告を行っていない人物についてはあらかじめ把握しているのですが、あえて時間をあけてから税務調査を行います。それはなぜでしょうか?

    答えは簡単です。それは、時間をあけたほうが税金を多く取れるからです。脱税をしてしまった場合、「無申告加算税」「延滞税」「悪質な所得隠し」といったペナルティが課せられます。

    • 無申告加算税・・・税額が50万円以下の場合は15%、50万円を超える部分な20%
    • 延滞税・・・納税期限から2ヶ月までは年7.3%、それ以降は年14.6%
    • 悪質な所得隠し・・・申告漏れが悪質であると判断された場合は特別に課せられる別途40%の税金

    このような高いペナルティを課せられるまで税務署の職員が脱税者を泳がせる背景には、税務署の労働環境があります。税務署の職員は、国民からとった税金の量が人事評価の決め手となります。そのため、自身の出世のためにもあえて時間をあけてから税務調査を開始するのです。一見ひどいようにも見えますが、脱税した本人が一番悪いというのは明確です。高いペナルティが課せられる前に、しっかりと申告をするようにしましょう。

    FXの税金がばれる際の税務調査の流れ

    まず、税務署からの連絡が来て書類が届くため、その書類を返送します。すると、呼び出し通知が届き、税務署職員と面談することになります。そして本税の納付額の記入された用紙が渡され、無申告課税と延滞税の金額が書かれている納付用紙が郵送されてくるのです。さらに、悪質な場合は重加算税が加算されます。

    これでも支払わなかった場合は催促状が届き、最悪の場合は財産調査、財産差し押さえが強制執行されます。

    FXで税金申告がしやすい会社3選【自動で利益計算をしてくれる】

    確定申告が必要なことは分かりましたが、できるだけ確定申告の手間は減らしたいですよね。ここでは、自動で利益の計算を行ってくれるFX会社を3つご紹介します。

    GMOクリック証券

    GMOクリック証券

    GMOクリック証券は、FXの取引高世界第一位を誇る証券会社です。全通貨において最安水準のスプレッドが人気の秘密となっています。

    年初に「年間損益報告書」が発行されるため、スムーズに確定申告を行うことが可能です。また、特定の期間の損益報告書についても無料で作成できます。

    DMM FX

    DMM FX

    DMM FXも、年間損益報告書をダウンロードすることができるFX業者です。さらに、通貨ペアごとの損益率やスワップ損益も調べることができるので、確定申告の際にとても役立ちます。DMM FXも、全通貨においてスプレッドが狭いことが特徴です。

    外貨ex byGMO

    外貨ex byGMO

    外貨exも、スプレッドが業界最狭であることが特徴です。また、24時間受付の電話サポートがあるので、急いで確定申告を行わなければいけないときなどの緊急時にはとても助かります。

    FXの税金はばれる!まとめ

    いかがだったでしょうか?FXで稼いだ利益は、必ず納税する必要があります。納税しなくても最初は大丈夫かもしれませんが、これは税務署に泳がされているだけです。これに引っかかると重い追徴課税を取られてしまいます。

    脱税してもバレないケースはあるかもしれませんが「税務署に泳がされているのでは?」とおびえながら生活するよりは、真面目に納税をした方が絶対に良いです。税務署におびえているようでは、FX取引も集中して行えませんよね。

    適度に節税しながら、確定申告は忘れずに行うようにしましょう。

    目次
    閉じる